霧島神宮・今年の初詣の様子より

年末年始・初めての営業

年末年始は、営業スケジュールのカレンダー通り

12/31・1/1・1/2・ 1/3霧島神宮ロータリーにて営業。

世界の家庭料理、通称”セカオシセット”や牛丼など、お食事Menuはお休み。

年末年始は「ぜんざい」「生姜甘酒」「ホットワイン」他、いつものモカ・ブレンド「Coffee」などの飲み物と、お持ち帰り用に「数量限定の牛すじ煮込み」のみで、初めての年末年始を営業させて頂きました。

大晦日の霧島神宮

大晦日の人通りは寂しい感じでしたが、2021/1/1を迎えた深夜0時に花火が(20~30発?位だったと思います)上がり、澄み切った夜空に輝いて、それはそれは綺麗でした。

今年は、毎年大晦日の深夜に行われる九面太鼓も中止。

また、気象情報も12/31から1/1にかけ、今年一番の冷え込み、雪や凍結の予報が出ていたせいか、人出は少なく「ととろのかさ」がいる店の駐車場周辺を通る人は、あまりない感じでした。

ロータリー付近も、1日を通して車は渋滞もなく、スムーズに動いていましたので、上の駐車場も混雑はしていないよう見受けられました。

初めての年末年始、ましてコロナの年末年始で、まったく、予想もつかないので、寒さに耐えながら深夜2時まで一応お店あけて、様子をみていましたが、0時半頃からは人はまだらで、たまに通る人も寒そうに走って車に乗り込んでいかれる感じでした。

いつもと違う分散型・先詣

※白玉ぜんざい冬限定メニュー(実物画像より)

今年はいつもと違う、初詣。

12月の2週目を過ぎたあたりから、先詣(さいさきもうで)早めの初詣

ということで、県内の方はもとより、宮崎大分熊本など九州中心に、遠くは東京などから、早くも人が訪れておられました。

結果、フタをあけてみると、お正月三が日で一番人出が多かったのが1/3(日)のでした。

特に、午前中からお昼間にかけて一番多く、この日は参拝にもかなり並んだとの事、”蜜でした~”と、白玉ぜんざい甘酒など、立ち寄って下さったお客様が口々に言っておられた通り、ローターリーの車も止まったままの状態が続き、渋滞の様子でした。

元旦の人出はとても少なく、昔から商いをされている周辺のお店の方々も

こんなに少ないのは初めて、考えられない、と言われていました。

皆さん、混雑を考えて1日(金)2日(土)は避けて

結果、3日に集中してしまったようです。。。

ただ、幸いにも3日は晴天、お日様が絶えず降り注ぎ、神宮特有の強風が舞い上がる事もなく、一番温かくお天気に恵まれた日でしたから、皆さん、参拝の後も、ゆっくりと楽しまれていた感じです。

ありがとうございます

2020年の”Christmas特別メニュー版”「世界の家庭料理セット」限定30食ご注文頂いたお客様で、隼人の方なども年始お店に来てくださって、牛すじ煮込みや、白玉ぜんざい、生姜甘酒など買っていって下さいました。

ありがとうございます。。。

「美味しかったですよ~」「豪華でしたね~」などなどのお言葉と共に、ご注文頂き、本当にありがたく、嬉しい限りです。

ありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です