セカオシセット・今週のMenu(1/31~2/6)

世界の家庭料理・1/31~2/6

毎月、テーマとなる国を変えて世界の家庭料理

世界は美味しいもので溢れているより

通称”セカオシセット” お楽しみ頂きありがとうございます。

2月もロシア

今月は「ロシア」の家庭料理より、お届けしております。

メニューは週変わりで、お楽しみ頂いております。

 

早いもので、1月も残す所、明日のみとなりました。

セカオシセットは、

通常は1か月毎にテーマとなる国を変えていますが、

1月はお正月休みなどが入り、短くなってしまった為

予告通り、2月も引き続きロシアの家庭料理続行です。

 

冬が長く厳しい寒さの、ロシア

日本の、一番寒い1月と2月、今の時期に合っているので体も喜ぶこと間違いなし!ではないでしょうか。

まだまだ美味しいものが溢れているロシアの家庭料理、

2月も、引き続きお楽しみ下さい。

1/31~2/6

週替わりメニューのお知らせです。

世界の家庭料理セット・週替わりmenu
★ ビーフストロガノフ/サワークリーム添え
★ サフラン香るバターライス
★ ブロッコリー人参のハーブソテー
★ ペンネサラダ
★ 大根のコンソメスープ
限定15食  ¥750  (※ご予約優先)

※場合によりmenu予告とは一部、変更になる事がございます。ご了承下さい。
※今回のメインメニュー、ビーフストロガノフのスメタナ(サワークリーム)はレンジなどで過熱された場合、酸味が飛んでしまう為、召し上がる直前にかけて頂くよう、別添えでご希望の方にお付けしております。お好みでお申し出下さい。

※ご予約(お取り置き)は1食より可能ですが、店頭、もしくはお電話で直接のみ、受付させて頂いております。

ビーフストロガノフ

※画像はイメージです・使い捨て容器での提供となります。

ロシアといえば、初回メニューに登場したボルシチビーフストロガノフ

一番お馴染みの家庭料理ではないでしょうか。

貴族であるストロガノフ家のおかかえコックが、牛肉が大好きだったけれど、年老いて歯が弱くなったので当主のために、考案したのが名前の由来と言われています。(諸説あり)

誤ってソースを焦がしたことがきっかけで誕生したとの説も。

 

牛肉とマッシュルームと玉葱

ビーフストロガノフの材料は、

牛肉”と”マッシュルーム”と”玉葱”の、3つとシンプルです。

玉葱をあめ色に炒め、甘味を引き出してから

赤ワインで煮込んで仕上ています。

もちろん、ロシア人に欠かせない、スメタナ(サワークリーム)を添えています。

お好みですが、ビーフストロガノフにスメタナ、酸味とコクがいい感じに中和して、確かにこれは日本人の口にも合います。

ここに召し上がる直前に”スメタナ”(サワークリーム)をこんもりと盛って

どうぞ~!!

 

主食は?

ビーフストロガノフの主食は、じゃが芋にも、バケットにも、ペンネ系、米など主食は何にでもにも合いますよね。

最近、セカオシセットの主食が、バケットマッシュポテトや、クレープ系など続いた為、

久々にご飯でいこうと、今回はサフランとバターが香る色味も鮮やかな

サフランバターライスにしました。

原材料

実物画像より~岡山産マッシュルーム

原材料については、過去に掲載の通り、

今回の牛肉は、赤身が多くヘルシーなオーストラリア産オージービーフを使用。

玉葱は、北海道産

マッシュルーム岡山産を使用しています。

中国産は使わず(中国の方にはごめんなさい)

しめじでも、エリンギでもいいのですが、ここはやっぱりマッシュルーム

マッシュルーム、岡山産が入手できたので、今週のメインは「ビーフストロガノフ」に決めました。

 

ブロッコリー人参のハーブソテー

付け合わせのブロッコリー人参のハーブソテー

水分を飛ばし焼き付ける事で野菜の甘味とハーブが相まって

少量ですが、いい仕事してくれています、アクセントに色味的にも。

ペンネサラダ

食感が楽しい”ペンネサラダは、3種類の豆と合わせて粒マスタードを隠し味に酸味を加えています。

大根のコンソメスープ

ビーフストロガノフが濃厚な分、大根の消化酵素の力を拝借。

あっさりとシンプルの旨味をどうぞ。

 

今週のセカオシセットは以上です、~お楽しみに~

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です